Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
愛に手ふれて
愛に手ふれて (JUGEMレビュー »)
aluto,藤田大吾,山口一久
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CLICKS CHANGE THE WORLD
TERUTERU INOCHI
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
とりあえず最悪、は脱した…?
2008.04.19 Saturday 21:33
前半はけっこう見てられない感じで(特にジュンゴが出てくるまでは)、
「今日もダメかなぁ…」と思ったんですが、
西澤のゴールからだいぶよくなってきた感じ。
ただ、ちゃんと勝点3を上げるまでは安心できませんね…。

<2008 J-LEAGUE Division 1 Sec.7>@日産
YOKOHAMA F-MARINOS 1 - 1 SHIMIZU S-PULSE
【Goals】西澤明訓中澤佑二  【Spectators】19,763人


今日はヨコハマだし絶対行こう!と思ったんですが、
なんかすごい寒かったのと、ここんとこハードスケジュールだったので、
完全休養に充てることにして、生観戦は急遽断念。
日産は普段と比べるとけっこう入ってますね。やっぱチームの成績って動員数にダイレクトに響くもんなんですかね。

前半は、攻めるにしてもロングボール放り込んでるばっかりで、
守るにしてもただ適当に間合いを取ってパス回させてるばかりで、
戦術らしい戦術も見えず、というかむしろこれって「チーム」なのか!?っていう戦いぶりでしたが、
ジュンゴが入ってから、少しずつパスが回るようになり、だんだん西澤、原の2トップも生きてきた感じでした。
後半は、西澤の目の覚めるようなヘッドでリーグ戦久しぶりの得点を取った後は、
守備ではしっかりとしたチェイス・プレスで積極的な守備を見せたエスパルス。守備に関してはよいときのエスパルスの形を垣間見ることができたかな、というところ。
攻めでは相変わらず運動量不足だったり、ボールを持った選手に対してのサポートが全然なくて個人技頼みになる(んで跳ね返される)という場面が多く、まだまだ改善の余地はあるように見えました。

西澤と原の2トップはいいと思います(特に原)。フェルナンジーニョとの相性も悪くなさそうだし、ジュンゴが入ってからだいぶよくなったと思うので。交代枠を柔軟に使えるという意味でも、今後も定着していってほしいです。
本田は…どうなんでしょう。今日は完全にテルとダブルボランチになってましたが、攻守に中途半端な状態が続くなら、テルにワンボランチで完全に任せてしまったほうがいい気もしますが…。ただ兵働がいない現状替える選手も思いつかないし(アウレリオを中盤で使うという選択肢はないんでしょうか?)しょうがないんですかね……。大前とか永畑とか真希とかがスタメンで出て来れるようになるといいんですが、フェルがトップしたより後ろでは使いづらいってこともあると苦しいですかね。
あと、矢島ですが、どうも守備でさぼってる光景が多いかなぁ、っていう印象でした。チームへの貢献という面で見ると西澤のほうが上な気がします。ちょっと伸び悩んでる時期なのかもしれません。
| Macs | <スポーツ>サッカー | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday 21:33
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://victoryroad.jugem.cc/trackback/987