Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
愛に手ふれて
愛に手ふれて (JUGEMレビュー »)
aluto,藤田大吾,山口一久
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CLICKS CHANGE THE WORLD
TERUTERU INOCHI
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
飛び立とう未来信じて
2006.03.17 Friday 17:06
3年連続のアップになりますが、これだけはブログを書き続ける限り毎年紹介しようと心に決めたので、今年も書きます。
何かというと、合唱曲「旅立ちの日に」のことです。

3月になり卒業シーズンですが、今年も「旅立ちの日に」は多くの学校で卒業ソングとして歌われたようです。
一応知らない方のために説明しておきますと、この曲は、埼玉県秩父市立影森中学校という学校の校長先生だった小嶋登さんという方が作詞をし、音楽の先生だった坂本浩美さんという方が作曲をするという形で1992年に作られた曲で、あっという間に全国に広がり各地の学校で歌われるようになりました。
(このへんは去年のエントリの引用です(笑))
中学を卒業してから2年が経ち、中学のときのことなんてすっかり記憶の彼方に飛んでっちゃってるので、
「この曲を聴くたびに中学のときのことを思い出します」なんてことはもう言えないんですが、
今でもこの曲を聴くと、なんかなつかしいなぁぐらいのことは思ったりしてます。
ってかほとんどの人が県立高校に進む中、ひとりだけ東京の都会のど真ん中にある私立なんかに行っちゃったもんだから、卒業以来連絡取れてる同級生が皆無なわけですが……。
まぁ次会うことになるのはおそらく成人式のときでしょう。
5年経って、無事高校を卒業してるのがどれくらいいるのか楽しみです(ってのは冗談ですが)。

あと、今年はもう1曲、「旅立ちの日に」をご紹介したいと思います。
川嶋あいさんの「旅立ちの日に」という曲です。
これは前書いたかもしれませんが、I WiSHの「明日への扉」の原曲となっている曲で、
ストリートで活動していた川嶋あいさんのルーツともいうべき曲です。
こちらも卒業ソングなんですが、これもまたとてもイイ曲です。
先月「Dear/旅立ちの日に…」という両A面シングルで発売されており、
インディーズチャートではかなり上位のほうに入っています。

旅立ちの日に/合唱曲 ページを開けると音楽が鳴り出します。
旅立ちの日に/川嶋あい Discographyのページです。PVの視聴があるのでそこをクリックしてください。

参考:去年のエントリ一昨年のエントリ
  旅立ちの日に(合唱曲)

白い光の中に 山脈(やまなみ)は萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に心震わせ
自由を駆ける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼にこめて 希望の風にのり
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに抱き合った日々よ
みんな過ぎたけれど思い出強く抱いて

勇気を翼にこめて 希望の風にのり
この広い大空に 夢を託して

今別れの時 飛び立とう 未来信じて
弾む若い力信じて
この広い この広い 大空に




  旅立ちの日に(川嶋あい)

桜舞う4月の教室で 波打つ胸をはずませながら
出会った永遠(とわ)の仲間たち あどけない手交わしたね

あの日駆け回った校庭 笑顔によく映えた光る汗
時に素直になるの嫌って ぶつかりあってけんかもしたね

放課後行った常連の店 いつもの駄菓子屋忘れてないよ
指きりをして交わした約束 みんなきらめく陽だまりの粒

いつのまにか時は流れ もう今日は卒業の日
人はいつか旅立つものだけど
いつの日にかまたどこかで会える気がするからね
輝く日々を忘れないで

もう開けない教室のドア 向かい合えない机も椅子も
週末にはよく遊んだね 時に夢中な恋も知って

絶えぬおしゃべり 怒られた朝
泣いたあの日も覚えているよ
あなたがくれた冷めぬこの熱は 私の胸で息づいている

今始まる希望の道 今日までありがとうね
思い出の校舎と別れを告げ
今新たな扉開き はるかな年月隔て
つぼみから花咲かせよう

耳元で聞こえる別れの歌を 溢れ出す涙こらえて
旅立ちを決めた仲間たちには はかない調べが降り積もる

いつのまにか時は流れ もう今日は卒業の日
人はいつか旅立つものだけど
いつの日にかまたどこかで会える気がするからね
輝く日々を忘れないで

今始まる希望の道 今日までありがとうね
思い出の校舎と別れを告げ
今新たな扉開き はるかな年月隔て
つぼみから花咲かせよう
つぼみから花咲かせよう
| Macs | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday 17:06
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2006/03/17 7:23 PM posted by: ビギー
>>5年経って、無事高校を卒業してるのがどれくらいいるのか楽しみです(ってのは冗談ですが)

ってこれ、冗談じゃないかもねー
もうすぐ学校辞める率10パーセントだよ(汗
2006/03/17 7:44 PM posted by: Macs
その情報は一体どこから!?
まぁでも風の便りを聞いてると高校やめちゃった人もちらほらいるみたいだし…。
今日も某駅前のラーメン屋行ったら某同級生が相変わらずせっせとバイトしてたしね。
(高校入学して以来やってるみたいだからもう丸2年ぐらいやってるみたいだけど…飽きないのかなぁ?とは思いますが)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://victoryroad.jugem.cc/trackback/760