Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
愛に手ふれて
愛に手ふれて (JUGEMレビュー »)
aluto,藤田大吾,山口一久
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CLICKS CHANGE THE WORLD
TERUTERU INOCHI
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
7/22
2008.03.19 Wednesday 00:57
7月22日、ではありません。
22分の七、ということです。
なにかというと、こちらも先週開幕したF1の話。

波乱のオーストラリアGP、優勝はハミルトン、中嶋が初ポイント獲得!/TOPニュースレース速報

金曜日の時点ではYahoo!とかでニュースが出ていたので、
決勝レースの存在を記憶してたんですが、
肝心の当日日曜日には完全に記憶から飛んでいて、見れたのは最後の8周だけでした。

まぁ最後の8周だけでも十分スリリングでしたが…。
その時点で9台しか走ってなかったのに、
さらにハミルトンのストップ、セバスチャン・ボーデ(TVではブルデーって書いてて全然分かんなかった…)のリタイアと2台がリタイアしたり、
でも悪いことばかりじゃなく、コバライネンがアロンソをカーブでオーバーテイクしたと思ったら、アロンソが直線で再び抜き返すという応酬が見られたりと、
レース終盤ながらホントに「何が起こるか分からない」F1らしいレースでした。

中嶋一貴は6位ということでしたが、これだけ厳しいコンディションの中で完走できたのはラッキーというのもありますが、ドライバーとしての素質をまずは世界に見せつけてくれたのかなと思います(若干クビサ始め他のドライバーを追い落としてる感は否めませんが)。
次は10番グリッド降格ですから、よっぽどのことがない限り最後尾スタートでしょう。
最後尾からでなおかつレースが荒れなかったとき、ドライバーとしての真価が問われることになることになるかと。
ぐいぐいオーバーテイクして順位を上げていってくれるのか、それとも平凡な順位に終わるのか、楽しみです。

次はマレーシアGP、今度は深夜の放送だけど、今度こそフルで見たい…!

続きを読む >>
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WJBLファイナル第5戦(TV観戦)
2007.03.15 Thursday 20:36
Jリーグは2節、3節、ナビスコ1節の3試合をまとめて書く予定です。
(ナビスコ1節は生観戦予定)

というわけで、たぶんこのブログ初のバスケット。

<2006-2007 WJBL FINAL 5th Leg.> @ 船橋アリーナ
JOMO SUNFLOWERS 6967 FUJITSU REDWAVE

【STARTING FIVE】
JOMO:#1大神、#4立川、#11川畑、#12吉田、#14山田
富士通:#1三谷、#7船引(ま)、#8矢野(優)、#9船引(か)、#12矢野(良)

うちの家族はバスケット人口が多いのと、
JOMOのホームタウンが柏で、至近地にチームの寮+練習場があるということで、
ここ数日はずっとバスケット観戦。

WJBLの今季リーグ戦の締めくくりとなるファイナルは、
リーグ戦初優勝の富士通とリーグ2位のJOMOの対戦。
戦前予想は、レギュラーシーズンでJOMOに対し4戦全勝の富士通の圧倒的有利で、
実際ファイナルに入ってからも、古巣との対戦となる#12矢野(良)を中心に、
富士通が試合巧者ぶりを見せつけ1戦目、2戦目と連取。
このまま3戦連取で優勝か、と思われましたが、
3戦目にようやくJOMOが今シーズン富士通からの初勝利となる1勝を挙げると、
そのまま波に乗り3戦連取して劇的な逆転優勝。
富士通は1,2戦目で見せた圧倒的な攻撃力が3戦目以降鳴りを潜め、
相性バツグンだった相手にファイナル初制覇を阻まれる結果となりました。
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4年後を見据えて
2006.02.27 Monday 21:38
ついにトリノオリンピックが閉幕しました。
日本はメダルが1つずつだったものの、4位入賞が5つと、「まだ日本は終わっちゃいない!」という手ごたえを感じた大会でした。
とはいえ、「メダルもいける!」と期待された若手アスリートが、五輪の雰囲気に呑まれ次々と失速していったのも事実。
大きな期待を一身に集めながら無残な敗退となった成田童夢、今井メロ両選手。
4回転を失敗したあとは心身ともに「気の抜けた」演技となった安藤美姫選手。
選手団の見通しの甘さ、序盤の「注目競技」の失速などありましたが、
個人個人の成績とは切り離して考えるべき問題でしょう。

Yahoo!を見ててこれは、と思ったコラムが2つほどあったんでご紹介します。
後者のコラムは、以前ご紹介した生島淳さんのコラムです。

カーニバルが終わり、勝負の4年が始まる
/トリノコラム
観てからも読め!――4位入賞の選手に、拍手喝采を!
/トリノ五輪がもっと面白くなる 生島淳の「観る前に読め!」

「五輪はチーム戦」ということを改めて思わされたのは、女子ハーフパイプのときでした。
それぞれの選手が滑り終わって降りてきたときに、お互いを称え合うアメリカの選手に対して、
ひとりひとりがなんだかバラバラだったように見えた日本チーム。
「受験はチーム競技」というのはどっかの担任が言ってることですが(うちのクラスの人しかわかんないと思いますが……)、
ああいうのを見てると、確かにそうだな、と思わずうなずかざるを得ないところもあります。

一方「努力は報われる」ということを感じたのが荒川選手の金メダル。
初出場した長野で惨敗、2004年に世界選手権で優勝しながらも、新採点方式に苦しみ迎えたトリノの舞台。
その結果がメダルとして結実したんだと思います。
「天才」と呼ばれ長野でデビュー、トリノでは「努力の人」として戻ってきた荒川選手。
同じように、トリノで惨敗を喫した「才能の人」安藤選手も、4年後or8年後、「努力の人」としてぜひ五輪のリンクに戻ってきてほしいものです。
バンクーバーに向けては安藤選手だけでなく、トリノの舞台を最後まで争った中野選手、そして浅田真央選手と人材がそろってますし、
きっちり4年後を見据えた育成をすれば、よりよい結果も望めると思います。

まだ夏の種目と比べるとメジャーではなく、選手育成のシステムも進んでいない冬の競技。
若手選手の「メンタリティー」という最大の問題をはじめとして、今回の五輪はそんな課題と「向き合う」五輪だったと思います。
この経験を無駄にすることなく、4年後バンクーバーは、選手の努力が再び「花開く」五輪であってほしいと思います。
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
オリンピックより、ユーベ?
2006.02.17 Friday 23:24
トリノの人は、先週末に行われた「イタリアダービー」ユーベvsインテルの方に気がいってしょうがなかったとか、そうでもなかったとか。
(エスパルスニュースと一緒に届く「Goal」から軽く引用。そういえばかの「デッレ・アルピ」もトリノにあるんでしたね。)
試合はユーベFWイブラヒモビッチが先制し、インテルDFサムエルに同点弾を決められるも、終了間際にデルピエロが決勝ゴールを挙げ、2-1でユーベが勝ったみたいです。
まぁこの注目の一戦も終わったことですし、オリンピックに目が移ってると思いますが。

ということで、意外にもトリノ五輪に関する初エントリ。
まぁ終わったものの結果を振り返るのはサッカーだけで十分なので一切書きませんが、
それにしても4位が多い……(汗
ニュースでは毎日のように、「惜しくもメダルに届かず」的な文言のオンパレードですが、
4位だろうが最下位だろうがメダルを獲れてない事実は変わりませんけどね?
まぁでもメダルが全てではないですし、
よーく頭を冷やして考えれば、仮に50位だったとしても、「世界の50位」ですからね?
地球上60億人の中での「50位」なんですから、これは十分賞賛に値するでしょう。
僕もアルペンスキーとかスノーボードクロスとか見てて、
さっそく4年後のバンクーバーに向けて金貯めるぞ!なんて思ったりしてます(その前に大学受からないと……)

と、長々と能書きたれてたらなんかこれ以上書くのがめんどくさくなってきましたので(笑)
コラムをひとつだけご紹介して締めたいと思います。
以前女子フィギュアの安藤美姫選手が代表選出されたときに、「なぜメディアはわざわざ選手の足を引っ張るような報道ばかりするのか」的なエントリを上げましたが、
それと関係するコラムです。
このコラムを書いている生島淳さんという方は、スポーツライターらしいですが、なかなかいい視点で書いてる方だと思います。
この「安藤美姫は、本当に4回転を跳ぶの?」というのは連載4回目ですが、その前の3回も一読しておくといいかもしれません。
個人的にはすごくお勧めします。僕の言わんとしたことを、非常にわかりやすく書いてくれてますので。
プロフィールを見ると、「早稲田大学社会科学部出身」ですか……。僕は国立大志望ですが、そういうのもいいですよね…(笑)

【コラム】安藤美姫は、本当に4回転を跳ぶの?
(トリノ五輪がもっと面白くなる 生島淳の「観る前に読め!」)

そしてその本人は久しぶりに練習公開&記者会見をしたそうです。うまく心の葛藤もふっきれているみたいなので何よりです。

美姫宣言「4回転必ずやる」「メダルなんかいらない」/夕刊フジ

なんでも、五輪後はプロスケーターとして活動し、バンクーバーを目指すといってるそうですが、個人的には大賛成です。
プロとして、「見せる(魅せる)演技」を体得できれば、4年後に向け大きなアドバンテージになるはず。
ハーフパイプで、「X-GAMES」出場実績のある選手が出場してたりする例もあったりしますからね。

まぁでもなにはともあれ今回トリノで悔いない演技をすることが最優先。
成田兄妹をはじめとして、「若い」選手が次々と五輪の雰囲気に呑まれ惨敗していく中で、
「若手アスリート」の模範になるような素晴らしい演技を見せてほしいところです。
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フィギュアの代表には賛否両論あるようですが
2005.12.28 Wednesday 00:42
ホントはエスパルスのレビューを一刻も早くアップしたいんですが、
申し訳ないです。コッチ先に書かせてください。
いまのうちに書いとかないと旬過ぎちゃうし忘れちゃいそうだし…・。

フィギュア代表は既報の通り、男子が高橋大輔選手、
女子は村主章枝選手、荒川静香選手、安藤美姫選手の3人。
男子は「今回全日本で上位に来た方(ってか優勝した方)が代表」とはっきりしていたので、
今さらあれこれ書く必要はありませんが、
(採点ミスは確かに残念でしたが、結局最初から織田選手が2位と発表されていても本人たちがとった態度は同じものだっただろうし、「採点ミスによる順位の変動」でどう思う、というのは結局見てる側の主観の問題でしかないので)
問題は5人が代表を争った女子。
(ちなみに、ここで「5人」と書きましたが、もちろん6人の中から外しているのは浅田真央選手です。確かにトリノで見られないのは残念ですが、出場制限はルールだし、国際スケート連盟が出場を認めてない以上、どうあがいたところで出場は叶わないわけですから、「代表争い」という観点から見て外しています。)
今回の結果について、特に安藤選手の代表入りについて批判が多数出ていますが、
(僕もこのエントリを書くにあたっていくつかブログを巡回しましたが、安藤選手は完全に「ヒール(悪役)」ですね。見てて痛々しいくらいです。)
僕は、今回の結果はかなり順当な結果だと感じました。
こんなとんでもない記事も出回ってますがね。
初めに美姫ありき…代表は選考前から決まっていた/夕刊フジ

このニュース見て思ったのが、オリンピックをめぐる代表争いが、「芸能人の離婚騒動」みたいな、どうでもいい芸能記事レベルまで成り下げられてるんじゃないかってことです。
この記事に、
安藤について、渡部さん(渡部絵美=元五輪代表)は「明らかにほかの選手と比べて練習不足にみえます」と指摘。ただ、スポンサーや指導者の問題は“大人の事情”で、安藤にも「かわいそう。自分が実力で選ばれたのではないことを一番分かっているのが安藤でしょうから」と同情する。
という部分がありますが、
僕はこの部分に真っ向から反論を唱えたいですね。
そもそもこの文、額面どおりに受け取れば、ちょっとひねくれた見方ですが、「どんなに実力がなくて下手な選手でも、人気があってスポンサーがたくさんついていれば代表選手になれる」ってことですよね?
これでは安藤選手がまるで「もはや旬を過ぎたどうでもいい選手だ」とか言ってるみたいで。
しかも5週間に4戦、さらにはその「スポンサー」とやらの活動ともなれば、疲労がたまって思う通りの演技ができないのも当然でしょう。
今年ACLとリーグの板ばさみで、日程も全く配慮してもらえず、自滅するかのように静かに優勝争いから沈んでいったマリノスがいい例です。
人気も高いし現役時代の自分と比較してやっかむのもわかるけど、
これほどまでに安藤選手1人をこき下ろすのもどうだか?といった気分です。
全日本では中野選手、安藤選手はなんだか演技の割りに点が低かった気がするし(特に中野選手はやけに低かった)、
逆に村主選手は、確かに素晴らしい演技ではあったけれど、浅田選手や荒川選手と比較すると点が出過ぎているのでは?という気がしました。

とはいえ僕も安藤選手に肩入れしているわけではありません。
結果的に選ばれたからいいものの、最近の調子からすれば中野選手が選ばれたって全くおかしくなかったのは事実。
代表の候補になっていないからいいものの、浅田選手にも完全に負けっぱなしの今シーズンでした。
前々から本人も課題としていた、演技中の「スピード」というのが、一向に改善されていないのも気になるところ。
本番で結果を残せなければ、才能ある中野選手、浅田選手という2人の成長の芽を潰すことにもなりかねません。
本人的にも大きなヤマ場になると思います。ここで結果が出なければ、次のバンクーバーに向けた争いにも大きく出遅れることにだってなりえます。
屈辱をバネに、しっかり心身ともに疲れを取って、いい結果(せめて6位以内)を残してほしいものです。
というか、なにかと複雑だった今回の五輪代表。
今シーズン序盤の出来は散々だったものの、全日本に「滑り込み」でベスト演技の村主選手。
GPシリーズの出場2戦でともに浅田選手に敗れ、インパクトなきまま全日本に臨んでこちらもベスト演技の荒川選手。
村主選手とは逆に、昨年&今年のシーズン序盤はよかったものの、ハードスケジュールについていけずに失速した感のある安藤選手。
昨年はまったく目立たず、今年も「代役」という立場から一気にブレイクした中野選手。
どの選手にも一長一短ありますし、すごく難しかったと思います。
しかも全日本から本番まで1ヶ月以上空くということで、特にここのところの波が大きい安藤選手と中野選手はかなりきわどかったと思います。
正直言って4人ともベストの状態なら、メダルを取れる可能性は十分あるでしょう。
その中で選ばれた3人ですから、ベストの状態ならかなりいいところまでいってくれるはずです。
さすがに表彰台独占、とまではいかなくても、それに近い結果は残せるのではないでしょうか。

「スポーツとカネ」の問題というのはどのスポーツでも往々にしてあることです。
昨年そのテーマで読書感想文を書いたんですが、
夏のオリンピックでもその傾向は相当顕著に現れてきています。
ドーピングや、マスコミ報道の加熱、さらに今回出てきているスポンサー問題……。
別にこれはフィギュアに限った問題ではないし、別にクールに振舞ったりする気は全くないですが、
僕はオリンピックに関しては、個人個人のプレーに関して、そういうダークな面は敢えて気にしないで見ていこうと思います。
なぜなら、それが純粋に一番楽しめるから。
そもそも、決まった結果にあれこれ言っても覆ることではないし、
決まった選手に精一杯の声援を送るのが僕達一般人の役目じゃないでしょうか。
結局これだけ安藤選手を批判している個人やメディアだって、
本番で安藤選手が4回転決めたりして金メダルなんか獲ろうものなら、
途端に掌翻して、諸手を挙げて喝采の嵐、なんてのが関の山でしょうから。

所詮個人の主観なんてそんなもんです。
あんまりこういうエントリは上げたくないんで、これくらいにしときますが、
まぁとにかく決まった選手の皆さんに精一杯の声援をしていきたいと思います。


超長文エントリ、スイマセン。
ニュースソースは今回はやたらと腹が立つので載せませんでした。ご了承ください。
あと、結構いろんなこと書きましたが、このエントリに関して一切のバッシング等受け付けませんのであらかじめご承知を。
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
高校総体いよいよ開幕!
2005.08.02 Tuesday 01:43
いよいよ今年の高校総体、「2005千葉きらめき総体」が開幕しました!
まぁぶっちゃけた話、僕は出るわけでもないし、手伝いをするわけでもないし、
さらには見に行くわけでもないし、
接点は地元開催であるということだけなんですが、
まぁお祭り好きの精神全開で注目してます。

千葉高校総体が開幕 幕張メッセで開会式/共同通信
高校総体が開幕=千葉県で初開催、28競技実施/時事通信

開会式をNHKでやってたんでずっと見ちゃいました。
そういえば今年は高校総体として初の総合開会式の屋内開催だったんですね。
音響とか照明とか、屋外じゃ絶対使えない機器使いまくりで、
かなり迫力ある開会式になったんじゃないかと思います。
なんかオリンピックの開会式をほうふつとさせましたよ。

さて、いよいよ競技も始まるわけですが、
僕が注目する競技は次の2つ。

バレーボール(男子)
開催地:東金市、茂原市(東金アリーナなど)
開催日程:8月1日〜8月5日

僕の中学時代の同級生が選手として出てるんで注目。おそらく僕の近辺からは唯一の出場だと思うので。

弓道
開催地:八日市場市(県立匝瑳高校弓道場)
開催日程:8月1日〜8月4日

そりゃ自分のやってる競技ですからね。注目してあたりまえです。

弓道(男女団体)は8月4日午後4時〜、バレーボール(男子)は8月5日午後4時〜、
それぞれNHK教育テレビで決勝の模様を放送予定!

興味がある方はぜひごらんください。僕は合宿中で見れませんが…。

ところで、Yahoo!ニュース見てたらこんなニュース見つけました。ちょっと気がかりです。

高校総体前に男子選手死亡 テニスの練習後に入院/共同通信
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
初皆中!!!
2005.06.08 Wednesday 23:37
……順番的にはこっちが絶対先なんだけどなぁ…。

ワールドカップ予選のついでみたいな感じでアップしてるこのエントリですが、
けっこう大事です。
しかも久々の「日記」です。
そういえば最近個人的なことちっとも書いてなかったしなぁ…。
カテゴリからもわかるように話題は弓道。
タイトルにもあるように、

ついに、ついに、初皆中しました!!!

皆中…普段の練習では4本の矢を1セットとして引くんですが、その1セット、4本を「皆、中てる(全部当てる)」こと。

ここまで長かったぁ〜〜汗
最近はどうも不調気味で矢の飛ぶ方向すら思うとおりに定まらず、
ちょいとイライラしていた中だったんでさらによかったです!!

まぁ実際皆中のあと射がよくなったかといえば必ずしもそうではないので、
まぁマグレかな!?とは思うんですが、
マグレでもやっぱり出したもん勝ちですよ!
すっごくうれしかったです!

ホントは皆中出した当日、月曜日にアップしたかったんですが、
勉強とか、勉強とか、勉強とかで忙しくてアップできませんでした……。
というわけで遅ればせながら今日の更新ということで……。
| Macs | <スポーツ>その他、トピックス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/4 pages next→