Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
愛に手ふれて
愛に手ふれて (JUGEMレビュー »)
aluto,藤田大吾,山口一久
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CLICKS CHANGE THE WORLD
TERUTERU INOCHI
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2009.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
アテネオリンピック閉幕、いざ北京へ!
2004.08.30 Monday 22:15
アテネオリンピックが29日、17日間の競技日程を全て終え、閉幕しました。最終的に日本が獲得したメダル総数は金16、銀9、銅12の合計37個で、過去最多を更新、また金メダル数も過去最多だった東京大会の16個に、最終日室伏広治選手(陸上男子ハンマー投げ)が、閉会直前になって金メダルを獲得したアドリアン・アヌシュ選手(ハンガリー)のドーピングによる失格処分が決定したことによる繰り上げ措置で並びました。
なお今回の全メダリストはこちらで見ることができます。

17日間の祭典に幕、五輪旗は北京へ
アテネ五輪閉幕 エフカリースト 2008北京ニーハオ
※「エフカリースト」とはギリシャ語で「ありがとう」の意

一方アヌシュ選手のドーピング疑惑などに代表されるようにオリンピックの「闇」たる部分も大きく浮き彫りとなる大会でした。特にアヌシュ選手などのハンガリー・チームはドーピングにより4つのメダルをはく奪される結果となりました。また今回のオリンピック支出は予想をはるかに超えて膨らみ続け、オリンピックの「商業化」を改めて露呈する結果となりました。
4年後の北京五輪は、まだ現在の時点では過去オリンピックを開催してきた都市ほどの「基盤」を持たない中で、中国自体の発展と共に進んでいくオリンピックであるということができます。IOCと中国の実行委員会の手腕が問われる五輪となりそうです。
そして日本選手にとっても本当の意味での「実力」を試すオリンピックとなります。金メダル16個のうち半分を獲得した柔道はどこまでその実力を伸ばせるか、水泳で2冠を達成した北島康介は4年後世界でどのような位置にいるか、「体操ニッポン」は今回のメダルを“復活の序章”にできるのかなど、注目は尽きません。
僕も4年後は大学2年生です(大学現役合格すれば)。そのころの日本スポーツ界は、果たしてどうなっているのでしょうか!?




| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オリンピックもいよいよ大詰め
2004.08.28 Saturday 22:13
オリンピックもいよいよ終わりが近づいています。
シンクロチームが銀、レスリング田南部選手が3位決定戦に臨みます。
アヌシュ選手のドーピング疑惑は微妙な情勢ですが、室伏の繰り上げ金メダルの可能性は確実に高まりつつあります。

それではまとめてトピックスを。

陸上ハンマー投げ>アヌシュ、29日に事情聴取=ドーピング再検査拒否で
男子バスケ>4連覇の夢断たれたスター軍団=米、危うい不安が現実に
レスリング>田南部、決勝進出ならず=3位決定戦へ−男子フリー55キロ級
男子サッカー>アルゼンチンが「金」…全試合無失点
シンクロ>井村コーチは勇退へ 立花、武田も今季で引退
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一「人」喜一「人」憂
2004.08.27 Friday 18:40
オリンピックという究極の競争社会。一人が喜べば必ず一人憂える人がいるのです。そしてテレビの前ではその様子をこちらもまた「一喜一憂」しながら見ているわけです。
そんなこんなのオリンピックはもうすぐ終わりですが、まだまだニュースは尽きません。もっとも僕のアンテナにひっかかる記事は少ないのですが。
そんな中見つけたこんなニュース。

メダルより視聴率、ライバルは日本
中国は今大会も快調にメダル数を増やしています。アメリカもまた然り。韓国は「例年」の日本だったら十分勝てる数をかせいできていますがなにせこんなに日本がメダルを獲ってしまったのでずいぶん地味なところに追いやられています。

そしてアヌシュのドーピング疑惑。
ハンマー金のアヌシュ、疑惑の引退声明
今回既にハンガリー・チームからは2人のドーピング違反者が出ているそうです。これでは疑われるのも仕方がないのかもしれませんが、IOCは日本チームからの徹底的な検査を求める文書が出される前に「検査は正規の手続きで行われた」と発表していました。それが26日になって一転、「疑いを抱いている」と再検査をする意向に。アヌシュ選手は「(再検査で)別の検体を提出したとしても、真実の結果が出る保証はどこにある。検体が操作されることを許すわけにはいかない」と、再検査を拒否する可能性が高いと見られ、室伏の繰り上げ「金」の可能性がにわかに高まりつつあります。今大会既に4人出ているドーピングによる処罰者、またさらに増えてしまうのでしょうか。
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五輪だけじゃない!こちらも熱闘、「もう一つの五輪」
2004.08.26 Thursday 20:12
アテネでは「オリンピック」が盛り上がっていますが、こちらも負けてはいません。「もう一つの五輪」、パラリンピックも9月17日に開幕します。開幕まであと残すところ約20日となりました。

開幕までとりあえずまだ間があるので、今回はパラリンピックの歴史についてかる〜く紹介しておきたいと思います(ネタ元がコピペだからあまり長々と紹介するわけにもいきません。とりあえず簡略に要点だけまとめて紹介します)。ちょうどネタも切れてたしね。

ちなみに以下の記事は全てここ(1ページ目)ここ(2ページ目)からひっぱってきてます。全文読みたい方はリンクからどうぞ。
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「タナボタ」金で東京に並ぶ!?
2004.08.26 Thursday 18:55
アテネオリンピックは終盤に入りメダルラッシュもだんだんその勢いが止まってきました(まぁ予想できたことですが)。8月24日にはこの五輪では初めての「メダルがない日」でした(でもここまで毎日メダルを取ってきたことがすごいんです。ほんとに)。なんと今大会で金メダルがないのは21,24,25の3日間だけなのです!やっとというべきでしょうか、これまでの五輪にありがちだった「有力選手が結果を残せない」状況が続き、このブログもいよいよネタがなくなってきました。
これも本当は決まってから発表すべきネタなんですが、なにせネタ切れ甚だしいので先走ってアップしてしまいます。

ハンマー投げ覇者薬物疑惑で室伏「金」も

もしドーピング疑惑の処分が正式に決定され金が室伏に転がり込んでくれば16個目となり、金メダル数は東京オリンピックに並び過去最多タイとなります。

ここで金を取ればたしかに「タナボタ」かもしれません。しかし金を取ったアヌシュを28cm差まで追い詰めた「実力」はほんものです。運も実力のうち、思わぬところから手に入る金もまた「実力」の金なのかもしれません。
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長嶋ジャパンオーストラリアに敗れる
2004.08.24 Tuesday 20:54
日本、オーストラリアに完封負け……決勝進出ならず

◇アテネオリンピック 野球 準決勝
豪州000001000|1
日本000000000|0
〔バッテリー〕
日本:松坂、岩瀬−城島
豪州:オクスプリング、J・ウィリアムズ−ニルソン

キューバとの対戦を避けて予選最終試合でわざわざカナダに11−0で負けたオーストラリアに、日本はモノの見事に負けてしまいました。松坂、岩瀬ともに好投しましたが、打線があれではダメでしょう……。ソフト同様「上ばかり見すぎていた」ら足元をすくわれた、ってパターンでしょうか。アメリカへの挑戦権を得ることなく敗退したソフトと状況、そして相手国までも同じくして、キューバへの挑戦権を得ることなく準決勝敗退となりました(もちろんカナダがキューバに勝ってしまえば話は別ですが、そんなことまずないだろうし、そんなことされたら逆に困る。←銅メダルの確率が…)。

おそらく3位決定戦の相手はカナダになるでしょうが(ってかそうなってもらわないと困る)、気持ち切り替えて浜口(女子レスリング)のように最後はスカッと決めてもらいたいものです。
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レスリングは金金銀銅
2004.08.24 Tuesday 18:51
アテネ五輪から正式種目として採用された女子レスリング、準決勝で72kg級浜口京子が敗れる波乱はありましたが、結局全員がメダルを獲得し、格の違いを見せ付けました。

◇アテネ五輪女子レスリング代表選手各選手の最終結果
銀・48kg級 伊調千春
金・55kg級 吉田沙保里
金・63kg級 伊調馨
銅・72kg級 浜口京子

全階級メダル獲得で奮闘を象徴する日に
神話創造 最強伝説 アテネに刻む
“虎の穴”から世界飛躍

全階級金メダルは果たせませんでしたが、それでも全階級メダルと大舞台で実力を発揮した(選手は悔しいといいますが、ここまで来れただけでもすごいことです。相当なプレッシャーがかかってるはずですから)と思います。“夢”は北京に持ち越しになりましたが、きっと4年後、全員が金メダルを取って今回の借りを返してくれることでしょう。これからもガンバレニッポン!!
| Macs | アテネ五輪特集 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
←back 1/3 pages next→